夫が、つね日頃大切にしていること。

 

 

 

 

 

 

 

 夫が、不機嫌そうに

朝早く外出した。

 

 

 

2時間後、

ご機嫌で夫が帰宅した。

 

 

ドトールで、

モーニングを食べ

ゆっくり新聞が読めた!

と、喜んでいた。

 

 

ひとつは、おトクで

おいしい朝ごはん。

ひとつは、新聞を集中して

読めたこと。

 

 

いまの古い賃貸住宅では、

うるさいし、

リビングもなく、

落ち着いて

新聞を読めないと

つね日頃から言っていた。

 

 

夫の欲求

 

 

私はいつからか、

古い賃貸住宅にいるのだからと

夫の欲求さえも

あきらめるようになっていた。

 

 

あきらめる=聴いていない

 

 

できる、できないは

関係なく

目の前の人が

何を大切にしているか。

 

 

改めて、考え直した。

 

 

夫は、以前なら

スタバやドトールのほうが、

自宅より落ち着いて本が読めると

〈怒って〉いた。

 

 

それが、今日は、

スッキリして

笑って帰ってきた。

すごい変化だ!

 

ささやかだけれど、

変化を大きく認める。

 

ブログランキングに参加しています
下記の2つのバナーをポチっと押していただければ幸いです


にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村