今日は、私があきらめてきたことの重要性について書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 昨日、夫が私に言ったことで

女として愕然としたことがありました。

 

 

それ以前に、何度か

私に対し、

「色気がない」ということは

何度か言ったことがありました。

 

 

とはいえ、

急に色気が出てくるはずもなく

夫も言ってもしかたないと思っているのか、

忙しい日常を送っていました。

 

 

夫は入院、手術を終え、

料理も3度用意が必要だったりし、

ますます私は忙しくなりました。

 

 

が!!!

夫は、私に

女としてキレイでいることを

求めていました。

愕然

 

 

入院、手術、退院と

色々あっての今なので

やることも心配も、

いろいろあるのですが。

 

 

それよりも私に

もっと<家でも>キレイで

いてほしいと、

そうズバリは、言いませんが、

そのような事を思っているのが

わかる発言をしました。

 

 

なぜ、あきらめたのでしょう?私は。

夫の私に対する欲求発見その1が

変わらず、今でもこれだとわかった以上

私はそれをやるしかありません。

 

 

今までやったことがないのですが、

まずは、1週間やってみたいと思います。

 

 

そして、

「それはいいから・・・!」

うるさそうに言う夫の言葉をきいて。

 

 

夫を見込み客だと思って接してみる。

そしたら、余計なことは言えなくなる。

そんなことは本人には言いませんが。

私自身を試してみたくなりました。

 

ブログランキングに参加しています
下記の2つのバナーをポチっと押していただければ幸いです


にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村