佐藤学長の言葉を思い出した。

 

 

 

 

 

 

 そうなることが、必要なんです!

その人にとっては!

「嫌われることが必要なんです!」

いう

佐藤学長の音声を思い出すたび、

父のことを思い出します。

 

 

 

どうにか会社に

勤めてきましたが、

友達が二人。

今は、友達はゼロで

誰と接しても

けんかをして帰ってくる。

 

 

嫌われることが

その人にとって必要・・・。

 

 

 

それでも、どんな父でも

私の父であり、

私にとってはいつも笑顔で

何かあれば全力で守ってくれて、

普段はそっと見守っていてもくれる

とても厳しく強く、かっこいい父である。

 

 

 

全世界の人が

父のことを嫌いだとしても

私は父の娘であってよかったと

ほんとうに思う。

 

 

その出来事が必要なんだ。

これから私は夫と

入院する病院へ向かう。

父を想い、夫を想う。

とても穏やかで幸せだ。

ブログランキングに参加しています
下記の2つのバナーをポチっと押していただければ幸いです


にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村