義父がよみがえった。

 

 

 

 

 

 

 義父は介護度5で寝たきり。

胃ろうで、器官切開していて

食べ物も自分で食べられない、

話せないという状況だった。

 

 

夫の手術前ということもあり、

状況の連絡をとった。

 

 

すると、

胃ろうで、

食物を自分では食べられないはずなのに、

はしで食べ物を食べているというのだ。

 

 

そして、一生話せないと言われたのに

しゃべっているというのだ。

ありえない。

 

 

これはもう、

自然治癒力でもあり

生命力の強さかもしれない。

 

 

 

手術前の夫に

ちょっとクスっと笑ってしまう

最高のエールとなった。

 

ブログランキングに参加しています
下記の2つのバナーをポチっと押していただければ幸いです


にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村