まさかの夫への失言について

 

 

 

 

 

 

 昨日、夫が落ち込んで帰ってくる

出来事がありました。

落ち込んでいる内容は、

なんとなく想定できたのですが、

確信できるまで、黙っていました。

 

 

 

やや確信できたため、

「○○、××したの?」

私が、きくと?

「うん、今日、××した・・・。」

 

 

私:「よかったね」

夫:「よかったというか・・・」

私:マズイ

 

 

 

私は、なにかがおこったとき

「これでよかった」

という言霊がおりてくるクセがついて、

つい・・・口走ってしまいました。

 

 

 

後から内容を詳しくきくと、

「○○を××したことは、やむを得なかったが、

とてもさみしい」

のだそうで、

それに対して、私が「よかったね。」と

軽率に口走ったことを

恥じたのでした。

 

 

ほんとうに言葉というのは

こわい。

言ってしまったことは戻らない。

家族でなかったら、

取り返しのつかないことに

なっていたかもしれない。

 

 

 

反省の日となりました。

 

ブログランキングに参加しています
下記の2つのバナーをポチっと押していただければ幸いです


にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村