自分追究に興味のない人に対しての実践。

 

 

 

 

 

 

 私の夫は、

真我開発講座を受講していますが、

体感がなく、

夫婦で佐藤学長の面談をうけても

ゴミは大量にでたものの、

ピンときていない様子でした。

 

 

 

夫が病気になってしまい、

手術を控えているいま、

私としては佐藤学長に

面談をしていただきたいし、

その前に

夫自身に自ら

そういう気持ちに

なってもらいたい。

 

 

しかし、今の夫の

首根っこをつかまえて

佐藤学長のところへいくよりも

体感があるものを先に

夫に提案してみました。

 

 

 

足モミ整体

私が、逆流性食道炎になってから

若石整体という

足モミ機を使用して、

母や私が明らかに改善しているのを見て

また、中には、糖尿病やガン、難病

なども足モミで治した事例を見て、

さらに私自身は、

日々の夫の足モミ係としての

効率アップをめざして

プロの施術を夫婦で受けに行きました。

 

 

私も感動したのですが

夫もすごかったと言って

帰ってきました。

 

 

 

忘れていた過去のムチ打ちや、

尿管結石のあとが

プロが足裏をもんでいると

わかるそうです。

 

 

 

そして、そのゴミも

今回の病気

関係しているのではないか、

その石の残骸を

とったほうがよいのではないかと

言われたそうです。

 

 

 

今回は、実感があったみたいで、

どこからでも

「ほんとうの自分」に

めざめればよいのではないかと

思ったのでした。

 

 

 

1年前夫婦で

佐藤学長の面談をうけたとき、

佐藤学長はしきりに

「素晴らしい奥さん」と

私をホメちぎりました。

 

 

昨日、足モミ整体にいくと、

「素晴らしい奥さん」と

言われたそうで。

昨日から、

「素晴らしい奥さん、素晴らしい奥さん」

とつぶやいています。

 

 

 

最悪の10年(夫自身の後悔)

とつぶやきながら

手術をうけるのがよいか

素晴らしい奥さんとつぶやいて

手術を受けるのがよいか

言うまでもありません。

 

 

 

そして、

私が素晴らしい奥さんだとするならば、

一番近くにいるあなたが

素晴らしいからだよと

いつも言ってるんですけどね。

届いているかな・・・?

 

 

また、今日も

夫が自分を認められるように

返すことを目標にします。

 

ブログランキングに参加しています
下記の2つのバナーをポチっと押していただければ幸いです


にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村