真我真理研究会でのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 一つ私の大きな勘違いを

正してくれました。

 

 

 

佐藤学長が、海外に行かれたとき、

船の上で

「神の力を見せてやる!」と

指さし、雲が晴れ、虹が出たという話を

何度かきいていますが・・・

念の世界ではない。

 

 

 

それは、わかっていたつもりなのに、

私はどこかで、

佐藤学長だからという

奇跡的なことを

無意識に信じていました。

 

 

 

たまたま

見えない力に動かされ、

指をさしたところ、

雲が晴れ、虹が出た。

まさに、啐啄同時(そったくどうじ)

 

 

大きな間違いを

正すことができて、

よかったです。

 

 

そして、「才能」について

どんな才能があるかなんて

わからない。

 

 

 

そう思うだけで

自分のことでも

夫のことでも

会社の人のことでも

ワクワクがとまらない。

 

 

 

前職で

チームリーダーだった時のことを

思い出しました。

 

 

仕事ができないと

思われていたAさん。

私のチームにいて

隣で言うAさんのブツブツが

業務改善にどれだけ役立ったか。

 

 

 

その力は

直接会社には

きこえていなかったけれど

私はAさんはすごいんだと

何度も言いました。

 

 

 

Aさんが、自信を持ち、

働いて

今でも飲み友達なこと。

 

 

そう、いまは、あれを

夫にやるんだ。

Aさんにやったんだから、

できるんだ。

そして、変化を楽しむ。

 

 

 

夫は、以前は

人の協力を

得ようとしなかったのですが、

自分にできないことを

協力してもらう喜びを

感じているようです。

ありがとうございます。

 

ブログランキングに参加しています
下記の2つのバナーをポチっと押していただければ幸いです


にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村