今日は、母の骨折について

母が骨折して、

あれっと思うことがいろいろあった。

私はなぜ、

そんなに必死に

ひとりで、

助けてあげようとするのだろう。

「父が協力的でない」と、母は言った。

「だから、全部自分でやろうとするのだ」とも

母は言った。

とっくに解決したと思っていた

父への恨みが

また顔を出したのだ。

 

 

 

しかし、

ん?

自宅でできるように

リハビリの準備はしてあるので、

落ち着いて母のココロの声を聴くことにした。

 

 

 

母は、自分をわかってもらうため、

父と今日リハビリに行く。

どんなにリハビリが難しく

忘れやすく、

大変であるかをわかってほしいのだ。

 

 

 

私がリハビリ中ということで、

トレーナーがつきっきりではない、

一般庶民のリハビリの大変さを

知っているがゆえに

躍起になってしまった。

 

 

 

父と母には

夫婦としてのやり方があるし、

生活がある。

 

 

 

私自身、

から周りしはじめているのに

気づいた。

 

 

 

母のココロの声を聴く。

ただそれに

フォーカスしたいと思ったのでした。

 

ブログランキングに参加しています
下記の2つのバナーをポチっと押していただければ幸いです


にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村