今日は、派遣社員としての就活で、学んだことを書きたいと思います。

 

161113-3ブログを始めたことにより、

webセールスや、

webマーケティングの

仕事に興味を持つようになり

何社かエントリーしましたが

 

通りませんでした

 

 

 

企業が求める人間像は、

経験を問わないといったとしても、

経験者が優遇される場合が多いです。

 

 

 

別件で先日、外資系G企業の

総務経理部門 顧客対応の

面接をうけた時、

私は、仕事内容で選択したのですが、

他に「総務経理部」経験者の人が

面接をうけたら、

その人が通るのだろうなと思って

いました。

 

 

 

面接で、総務経理部門、現場の意向は逆でした。

「いつも【総務経理】というと、

経理畑一筋の人がくる、電話も苦手だったりする。

私(現場の方)も経理畑ではないです。

とおっしゃいました。

 

 

 

しかし、人事担当の方が、クギをさすように

人事担当:「最初から、総務経理のお仕事で探されましたか?」

私:「いいえ。そのほうがよかったですか?」

というやりとりがありました。

 

 

 

結局私は、

現場の方は、感覚的にはいい感じではあったものの

総務経理部門でのお仕事は通らず、

 

 

 

もし、よかったら、

弊社の海外のカスタマーサポート部門での

面接をうけられませんか?

という話を頂きました。

(そんなことがあるんですね、

嬉しいような、嬉しくないような)

 

 

 

G企業は

・私が希望する部署と業務

・私が所属した部署と経験職種

を見ていて

 

 

 

今後、私にとっての新しい分野での挑戦は、

自身で勉強するしかないとわかり、

企業のニーズと私の希望がズレていたから、

就活に時間がかかったことに

やっと気付いたのでした

 

ブログランキングに参加しています
下記の2つのバナーをポチっと押していただければ幸いです


にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村