今日は、昨日の佐藤康行学長のフォロー教室でのことを書きます。

 

160930

 

昨日、盛り上がりを見せたころ、

2種類のワーク、

ニコニコするワークと

愛で叱るワークをやりました。

 

 

 

私は、

知り合いのAさんと

組んでやらせていただきました。

 

 

 

一つ目のワーク

ニコニコニコ~(^^♪

「目の前の人がニコニコしなかったら、

あなたにも責任がありますよ。」

 

 

 

Aさんは時折笑顔を見せるも

目をそらすことが多かったです。

 

 

 

ここは訓練の場だから、

ニコニコすれば

おおむねニコニコが返ってきます。

 

 

 

ただ、外に出れば、

私がニコニコしているつもりでも

目をそらされることが 

多いにあるのです。

 

 

 

届けようとするんでない

ただ、放つ愛

 

 

 

目の前の人が、

目をそらそうが

私はただ、光を放つ。

 

 

 

二つ目のワーク

この時点で、目の前の人は

基本的には、ココロを開いていますので、

愛で叱るワークをやりました。

 

 

 

私は、Aさんを思い切り叱りました。

涙が出るほど。

 

 

 

ただ、Aさんは納得がいかないようでした。

 

 

 

以前だったら、

落ち込むところだったかもしれません。

 

 

 

昨日は

これが私の今後の課題と

嘘みたいにありがたい

あったかい気持ちになったのでした。

 

 

 

いま思えば夫に対しても

経験したことがあります。

届けようとして届かなかった愛

 

 

 

なんで、あなたはできるのに

わからないのか

 

 

 

相手がココロを開いていないのに、

投げ込んだ愛

 

 

 

Aさんからのクレーム

「だんなさんにしっかり放つんだよ。しっかりね。」

と言われているようで、

とても意味のあるワークでした。

 

 

 

ありがとうございます

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています
下記の2つのバナーをポチっと押していただければ幸いです


にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村