今日は、我が家 Sandy家の「冷蔵庫扉」の傷あとについて、書きたいと思います。

160919

 

これ以上の

私へのクレームは、

ないかもしれません

 

 

 

 

うちの冷蔵庫の扉には、

たくさんの傷跡があります

 

 

 

夫が、私の不在時につけたものです。

 

 

 

「なぐったの?」と聞くと、

「あたった」と言います。

あたるわけは、ないのです。

 

 

 

故意につけたもので、

扉は、ボコボコです。

 

 

 

つい最近も、

新しい傷が増えました

 

 

 

私は夫の本当に辛い、

やるせない想いに

寄り添えているでしょうか。

 

 

 

笑っているけれど、

その笑顔の奥に

くやしさ、やるせなさ、はがゆさ、

夫の涙が見えるような気がしました。

 

 

 

私がいくら、

お金を稼いでも、

夫のココロは晴れません。

 

 

 

夫の欲求(ニーズ)や

本音中の本音を聴くために、

愛で返すために、

今日も私は、

「ほんとうの自分」を追究しています

 

 

 

このクレームは、

絶対に

ラブレターにしなければならないのです

 

 

ブログランキングに参加しています
下記の2つのバナーをポチっと押していただければ幸いです


にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村