今日は、毎日同じことを言ってくる夫のことを書きたいと思います。

 

昨日は、ロマンスカーに乗って、

夫婦でお出かけしました。

 

 

かなりの寝不足の私たちは、

寝る気満々で着席

するとむこうから、ヒーヒー泣く子供の声

 

 

来ましたか。やはり。

 

 

日々、近隣にお住まいの、

ご病気と思われるお子さんが

四六時中ヒーヒーわめく声をききながら、

仕事をしている夫は、

「もう、どこへ行ってもこれだ」と

がっくり

 

 

そして、帰りのロマンスカーでも、

寝る気満々の私たちの隣の席に

まるで選ばれたかのように、

元気いっぱいの6歳くらいの男児4人組

 

 

営業プログラムに

完全にお客様が満足するまでクレームを解消する。

とあります。

 

 

お客様なら、

10回も同じクレームを言う前に

去っていくと思います。

 

 

でも家族だと、

こういうことがありうる。

 

 

同じことを言い続ける

これを大切にしなければ。

 

 

頻繁にくる同じクレームが、

教えてくれることは何なのか。

 

 

でも、私の中では 

大分近づいてきた気がするんです。

 

 

何十年も悩まされたその問題が、

一瞬でパーっと消える時が

根拠はないのですが・・・。

 

 

仕事(お客様)の耳と家庭の耳が同じだったと、

頭で理解しただけでなく、腑に落ちたことで、

私の中のココロのブレーキがとれたような感じです。

 

 

夫が、持ち前のプロ根性を生かし、

環境をも生かし

自身のパフォーマンスを

どうしたら最大限表現できるか。

 

 

24時間365日

そればかりを考えています。

 

 

私が営業(仕事)のときは、

お客様のことばかり考え、

家に帰ると、仕事の耳を休ませてきた。

家庭では、今とは全然違う聴き方をしていたのを覚えています。

 

 

何もわかっていなかったんだ、私

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています
下記の2つのバナーをポチっと押していただければ幸いです


にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村